猫と快適i-smart生活

猫に餌を出す係の博士の日記

気密測定 我が家のC値は0.45

上棟からしばらく経ちましたが、我が家でも気密測定イベントがありました。
我が家の気密測定によるC値ですが、4回の観測値が0.5, 0.4, 0.4, 0.5 なので、大体0.45 +- 0.06 ですね。中々良い数値です。(0.5 cm^2/m^2の計測結果の時も手計算では、0.48程度なので、 誤差の範囲はもっと狭そうです)
#C値は、どれだけ隙間があるかを測る指標で、1より小さいとかなり良い値と言えます。i-Smartの場合、測定で0.7以下が3回出れば合格とのことです。


現場監督さんは、3回計測すれば終わるとのことで、一時間程度の作業時間を見込んでいるようです。他のブログに書かれているような隙間をシーリングで埋めるような作業は想定していなかったのでしょう。


大体一回目で0.6程度の数値が出るとのことです。ブログをチェックする限り、過去の気密測定は、空気の流れから穴を見つけ塞ぐという地道な作業を繰り返していたようですね。ここ数年で施工の質が向上しているのでしょう。


素人の私ですが、気密測定時に漏れているところはないかなと探してみましたが、当然見つからなかったですね(笑)


大工さん曰く、「1階と2階の間のシーリングがしっかりと行われていないとC値が大きくなる。ほとんど上棟のときに良い数値になるかどうかが決まる。」とのことです。そういうものなのかもしれませんが、その後の施工も重要なんだろうと思います。


さて、最近の他の家より数値が良いのは、窓が原因かなと思います。我が家は引き違い窓が少ないので、良い結果が出やすいのでしょう。


いずれにせよ、良い仕事をしているようで、嬉しかったです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。