猫と快適i-smart生活

猫に餌を出す係の博士の日記

トラブル処理が苦手な理由 脳がアスリート系であることの問題?

嫁が私を観察しているのですが、その分析がなかなか面白かったです。


嫁は何か理不尽なことにぶち当たると、瞬間的に怒ってその後ゆっくりと冷静になって怒りは減衰していくそうです。


対して私は、初めはプリプリ怒ってはいるのだけど、やや低調。ただ、それから考え続け、その原因(たとえ勘違いだとしても)に対する怒りがヒートアップしていく、つまり怒りが時間と伴に増加する傾向があるそうです。まさに負のスパイラルです。


現象の原因は何なのか、また、それがもたらす影響を考え続けることでお金を稼いでいる私は、アスリート系の長距離ランナーですので、怒りも長続きしてしまうのでしょう。


厄介なことは頭に血が上っている時は、相手の立場に立って考えることができなくなってしまうことです。さらには、相手を追い詰めていく感じがあるそうです。


私の仕事内容を考えるとこの性格はNGです。また、トラブル発生後の処理をする上でも良くありません。さらに、最近は私に指摘をしてくれる貴重な人がいなくなってしまったので、歯止めがかかりにくい状況になっていた可能性が高いです。嫁に指摘されて、とても反省しています。


自分の怒りのパターンをしっかりと理解して、自分の悪い点を治すべきですね。


さて、皆さんは短距離ランナーですか? 長距離ランナーですか? それとも、棒高跳び選手ですか?

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。