猫と快適i-smart生活

猫に餌を出す係の博士の日記

ロスガードに加湿機能がつけば良いのに・・・

多くの人が床暖房+高気密&高断熱の組み合わせの恩恵を享受しているのだと思いますが、一方で、加湿問題に苦しんでいるのではないでしょうか?


ブログを読んでいると、加湿しない人もいるようですが、そんなことをしていると木材の急激な乾燥によってさまざまなところが歪んでしまうので注意が必要です。


i-Smartにとって冬の加湿は人のみではなく家にとっても重要ということなんだろうと思います。


気化式が一番適切(電気代安い&過度に加湿しない)だと思うのですが、気化式の場合は、加湿のために風を作るモーターを回す必要がありますし、加湿した空気を家全体に行き渡らせる必要もあります。そのためには、お金がそれなりにかかってしまいますし、機材が増えてなんだかイマイチです。


我が家ではどうしようかなと悩んでいましたが、自分には役に立たないアイデアが思い浮かびました。


i-Smartには、建物全体に行き渡る風を通すためのロスガードという素晴らしい装置があったと思います。ロスガードに気化式の加湿システムを組み込めば、スマートに全館丁度良い湿度に保つことができて、顧客も喜ぶし、一条さんも過乾燥による木材の歪み問題によって生じるクレームが軽減されて、Win-Winの関係になるのではと思います。


実際に、三菱の業務用の換気扇ロスナイはそう言った機能を有しているようです。


まあ、仮にそう言った開発が行われても、私は恩恵にあずかれないわけですが・・・・

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。