猫と快適i-smart生活

猫に餌を出す係の博士の日記

食洗機で使え、かつ、許せるレベルのお椀は?

最近は、食器洗いの担当は私になりました。


今までは、お椀は漆塗り以外は受け付けなかった私も、手の冷たさに負けて、食洗機で洗えるお椀を探し始めました。よく調べて見ると、最近はナノコートというものを施した食洗機で洗える程度の良いお椀が存在するのですね。知りませんでした。


厳密な名前はスープボールですが、こんな感じの面白い形のお椀もあるようです。私はクラシックな感じのお椀が良いですが、現物を触ってみると、質感はとても良い感じでした。ナノコートのお椀を購入することで、私の手洗いするものが減りました。良かった良かった。


あとはお茶碗ですね。陶器が良かったのですが、私の手が限界に近づいているので、贅沢は言って入られません。磁器のお茶碗に乗り換える予定ですが、とりあえず今の陶器のお茶碗を捨てるのは忍びないので、ヒビが入るまで食洗機で洗うことにします。


今までは、伝統的なものにこだわり過ぎていたような気がします。バランスの問題ですが、「とても質感が良いが食洗機で洗えない」と「満足できる質感で、かつ、食洗機で洗える」であれば、選ぶべきは後者です。洗うときの手間による、Quality of Life の低下は無視できません。


せっかく文明が進歩したのだから、満足できる質感&食洗機で洗える食器に順次乗り換えて行きたいと思います。マインドコントロールが一つ解けた感がします。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。