猫と快適i-smart生活

猫に餌を出す係の博士の日記

室温28度でエコになりますか? いいえエコではありません。

いわゆる科学者のカテゴリーに入る自分から見ると、クールビズは「宗教的な運動」に見えます。その旗振りをした人が「科学的な根拠がない」という指摘に反論しているのでとても滑稽です。
# 科学は疑うことから始まり、宗教は信じることから始まる。


さて、消費電力を減らすというエコが目的なのですから、科学的にアプローチをするときは、「消費電力を最小化にする」という基準で物事を考えます。


温度による消費電力の変化は
・仕事効率の変化による仕事時間の変動
・エアコンと仕事に使うパソコン等の単位時間当たりの消費電力の変動
を踏まえて議論する必要があります。エアコンの消費電力のみを考えて議論するのは短絡的です。


数学ができる人向けに書くと、前者は積分範囲の変動、後者は積分の中に入っている関数の変化です。


温度を上げると、仕事時間が長くなる一方で、エアコンの単位時間当たりの消費電力が下降するというトレードオフの関係にあることがわかります。つまり、単純に室内温度を上げればエコになるなんて単純な問題ではありませんし、単位時間当たりの消費電力のみを見てCO2の削減量を誇示するのはとても滑稽でしかありません。


で、何度にすれば良いのかというのは、このような科学的なアプローチで10年くらい前にすでに研究されており、28度は論外で、26度程度であることが分かっています。


さらに言うと、不快指数という科学的な根拠のある式を使えば、湿度の高い日本で28度がいかに問題がある温度であるかは明白です。


私はスーツなんて着ませんから良くわかりませんが、ラフな格好をして良いというルールは良いと思います。しかし、エアコンの設定温度を28度にしたり室温を28度にするという「宗教的な運動」は全く理解できません。


副大臣の発言はまともですが、その後の大臣の発言を見ると、日本は科学後進国なんだなと実感しました。本当に残念です。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。