猫と快適i-smart生活

猫に餌を出す係の博士の日記

一条工務店 工場火災によるトラブルについて

なんか、大変なことになっているようで、トラブルに遭遇した人は妙な気持ちに突き動かされているようです。
でも、人生、思い通りに行かないことがあるものです。個人的には、被害にあった一条工務店に無理難題を突き付けるのは、如何なものかと感じてしまいます。寛容が肝心です。
さて、契約時にいつまで建てると言った日程を確認したと思います。かなり、余裕がある日程になっていると思います。仮にその日程に間に合わなかったら、契約書に書かれているだけ、遅延金を受けとるだけです。それ以上でもそれ以下でもありません。それに、皆さんは、自分で契約書を読んで、納得して書類に判を押したのですよね。そこに書かれている以上のことを要求するのは、やっていることヤクザとあまり変わりませんよ。


と書きましたが、一条工務店さんはずいぶんと手厚い申し出をしているようですね。正直ビックリな内容です。申し出を受けた顧客にとってとても良い条件ですが、私には別の一面もあると感じてしまいます。この感覚は、肝炎訴訟の時に感じた感覚と同じです。
国が多額の賠償金を払うということは、役人が払うわけではなく、国民一人一人がお金を払うと同じ意味であるのと同様に、一条工務店が厚めに補償をするということは、これから家を購入する人もしくは、社員からお金を多めに取るという意味と同意です。東京電力が被災者に支払っている生活費の出所は、私たちの増額された電気料金です。
一面だけ見れば良いことでも、別の角度から見ると、違った景色が見えてくるということは良くあります。


さて、どうでも良いことですが、私は硬質ウレタンの断熱材は費用対効果の側面でどうなんだろうと考えていました。今、eps+高性能エアコンで快適i-smart暮らしをしてる身とすれば、数十万払って硬質ウレタンにする意味が分かりません。私なら、eps+高性能エアコンで坪単価が下がるのは、とても良い提案だと思います。というか、ウレタンとEPSの選択肢が二つあるのであれば、即答でEPSですね。


一つだけ一条工務店に苦言があります。断熱性能にこだわり過ぎるのはどうかなと思います。伸び代があまり無い所に注力して、コストアップになっているのは、どうなんですか?  成功体験に囚われているように見えるのは、私だけでしょうか?

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。