猫と快適i-smart生活

猫に餌を出す係の博士の日記

フラット35を選んだ人は賭けに成功した?

さて、日銀がマイナス金利にすることを1月の終わりに宣言しました。それに従い、軒並み国債等の長期金利が下がっています。


フラット35等の金利のリファレンスとしては良さげな長期金利ですが0.22%とかが、一時0.09%になった訳ですから、もの凄い変化があったということで、多くの金融機関は、金利がマイナスもしくはとてつもなく低い時代が長い間続くと考えているのでしょう。


フラット35の金利が、2月1日に発表されます。これがどの程度下がるのかですが、直ぐに反応するのでしょうかね? 素人の私には、よく分かりません。


調べてみると、日銀が発表した金利が実際に運用されるのは、2月の半ばなので、フラットにガチで効いてくるのは3月からなのかもしれません。その場合は、書類の提出を遅らせて、ローン実行時期を遅らせるというのも有効な手なのかもしれません。


フラット20s+税金控除の人は、かなりのマイナス金利を期待して良さそうです。余裕がある人は、ローン金額の大幅な積み増しを検討する時期に来ているのかもしれません。


ローンは借りれるだけ借りて、手持ちの定期貯金や金融商品はそのまま、税金控除が切れ、フラットSの金利が高くなる10年後に定期等を解約して全額繰上返済が、最もスマートな方策なんだろうと思います。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。