猫と快適i-smart生活

猫に餌を出す係の博士の日記

猫目線の間取りの考え方?

我が家では猫のためにも間取りを色々と考えました。できる限り猫が自由に楽しくというのが重要な点です。


猫と暮らしていると、本当に感情豊かだなと感じます。嫉妬をしますし、ミスを見られると恥ずかしくなる、私に甘える時は家内に嫉妬されないように隠れて甘えてくるなんて感じです。恥らいは人間だけのもの的な考えがありますが、どうも違うようですね。


我が家の猫は内弁慶で、知らない人が来ると怖くなってあっという間に隠れてしまいます。安心させるために、玄関から十分に遠いところに、猫の部屋を作ってあげることが重要なポイントでした。


今の家では、猫の部屋となっている多目的の部屋は10畳ほどあるのですが、新居では猫の部屋は3畳ほどの広さになっています。ここで駆けっこをするのは困難なので、トイレの時くらいしか使われないのでしょうね。


キャットタワーの位置が我が家では問題になってきます。どうもキャットタワーは猫の部屋と同様に、猫の重要な財産(縄張り?)のようで、これを動かすと怒ります。飼い主に似たのか、ネチっこい感じの怒り方です。新居で気に入らない位置に置くと、ハンガーストライキもしくは、リビングに大をするなんてことをしかねません。


当初、トイレと一緒に猫の部屋に置こうと考えていましたが、寝室に置くものありなのかなという話になってきました。猫部屋は狭いのでそれほど眺めが良くない、でもリビングに置くのはイマイチ。


猫とは一緒には寝ないというのが我が家の不文律でしたが、これは寝室が狭いと言う事情や、猫好きであるのに猫アレルギーである私の健康問題もありました。


まあ、広い寝室&ベットだったら、お風呂に入れる回数を1. 25倍程度にすれば大丈夫かなと言った感じで話が進んでいます。


あと猫への配慮は、直線で走れる距離を長くするということもありました。遊ぶ時に、ダッシュするのが結構好きみたいなんですよね。ランニングコース(?)を気に入ってくれることを願っています。


人生はニャンとかなる! 2016年 カレンダー


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。