猫と快適i-smart生活

猫に餌を出す係の博士の日記

スムーズな工期スケジュールにするための方法

我が家の工期スケジュールは後ろにずれ気味です。棟梁が一人で作業をしているのですが、私がお願いしたものが特殊なものが多いため、迷惑をかけているのではと思います。色々と良くしていただいたので、急かすことになっているのであれば、とても申し訳ない気持ちになります。


さて、本日はちょっと工期スケジュールについて、現実逃避として考えたので記事にします。


一人で仕事を請け負う人は、どうしてもちょっとしたことで場合によっては大きく仕事が遅れることになります。これは物理で言う所の非線形な効果が大きく出ることになるからです。


例え話として、一人で山奥に住んでいる人がいるとしましょう。五体満足の時は問題ありません。ここで、彼が軽い怪我を負ったとしましょう。怪我自体は生死に関わることではありませんが、怪我によって生活が行き詰まり、死に至る場合もあるでしょう。ちょっとしたことで、重大な危機に遭遇する。これは、現象が非線形だからです。


ちょっとしたことで、問題が大きくなる、こういった事例を少なくするために、私たちは共同体を形成しているのではと思います。誰かがピンチになったらフォローする。そのことにより、「ちょっとしたことで問題が大きくなる」という非線形の効果を軽減しているのだと思います。


で、一条工務店のスケジュール管理は日時に対してバッファーを持たせて管理しているように見えますが、この問題のアナロジーとして考えると、ヘルプの人を確保していく、人材に余裕を持たせる形式の方がスケジュール管理をする上で効率的であるはずです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。