猫と快適i-smart生活

猫に餌を出す係の博士の日記

高断熱・高気密住宅に引っ越すことで失うもの

大分暖かくなってきて、良くも悪くも床暖房への強い思い入れがやや薄れてくる季節になってきましたね。


この季節になると、ウグイスの鳴き方の練習が始まり、初めは、「ホケホケ」ってな感じだったのに、1週間もすると「ホーホケ」になって、2週間後にはようやく「ホーホケキョ」と綺麗になくようになります。


ウグイスの成長を感じならが生活する、そう言った贅沢な生活は、高断熱・高気密住宅に引っ越すことで失われてしまいます。


もっとも、高断熱・高気密住宅の外に出れば良いのですが、花粉症持ちであることと、周囲の環境が今とガラリと変わるので、当分は(これからずっと?)ウグイスが身近にいる生活環境にはならないでしょう。


快適な生活を手に入れるために、こう言った人生の楽しみ的なものを失う。ちょっと微妙な気持ちになるものです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。