猫と快適i-smart生活

猫に餌を出す係の博士の日記

一条工務店をオススメしたくなった理由

さて、今回、1〜2 mm のダウンライトの位置の修正、ライン状のライトの3/1000の傾き程度の修正といった、クレーム対応をしてもらいました。


私にとっては大事だったのですが、本当だったら、これは規定範囲内ですと突っぱねることができたと思います。当然ですね、ギリギリ許される範囲ですから。


しかし、一条工務店は、わずかなズレを認識して気分が悪くなってしまうという特徴を持っている人に配慮して、優しい対応をしてくれました。本当にどうもありがとうございました。


ちなみに昔の家はラインが歪んでいるけど、気持ち悪くなりません。よくわかりませんが、多分棟梁のあまりに完璧と言える仕事と、電気屋さんのややいい加減な仕事が同居しているのが原因なのかも知れませんね。


しかし、棟梁の仕事はスゴすぎです。作業と出来上がりを見てプロは違うと感心していましたが、調整に来た凄腕電気屋さんが凄いと言うほどの評判の凄腕棟梁だそうです。


今回のクレーム対応を通じて、「一条工務店で建てて良かった」と感じています。

「お客様よりお客様の家づくりに熱心であろう」というのが一条工務店の基本理念とのことです。これは本当にそうなんだなと今回改めて感じました。


まあ、私の周囲の人間はほとんど、マンションや建売住宅を購入しており、私は周回遅れ組なので、周りに布教活動ができないのが残念です。


せめてWebでの布教活動に貢献したいと思います。一条工務店は家の性能(ハード面)、アフターの対応(ソフト面)を含め、オススメですよ!


最後に、一条工務店は本当に真摯に問題に対して対応してくれますが、オーナーが過度な要求や期待をしてはいけないと思います。時々ブログで過度な要求をしているなと感じるものを見かけますが、そもそも完璧なものなんてあるわけないし、すべてのものはある程度の誤差を持っているもので、調整しきれないものはあって当然です。それに傷がある程度ついてしまうのは当たり前で、完全に傷を治すことなんてはできません。精密機械を買うのと家を買うのは意味が違います。借金をしたり、自分の財産のほとんどを出して買ったからと言って、実現することが困難なことを要求してはいけません!


良識ある皆さんは、私のような変人(クレーマー?)の真似をしてはいけませんよ!

#自覚はあるんです、自分がおかしいということは。物心ついた頃から、変わっていると言われ続けているのですが、何をどう修正すれば良いのか分かりません。こんな私でも仕事をして成果を出し続けてこれたのは奇跡ですね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。