猫と快適i-smart生活

猫に餌を出す係の博士の日記

一条工務店で建てるというと微妙な顔をされる 2 : 飲み会でイジられる

注文住宅で建てますというと、メーカーを聞かれ一条工務店で建てるというと微妙な顔をされる場合はままあります。


同年代の飲み会だったりすると、一人くらいは建築中の人がいて、大体、住友林業とか積水ハウスとかで建ています。今だに知り合いで一条工務店を選択した人はいません。ちょっと居心地が悪いですね。


住宅メーカーのHPでプランを見てみると、置いているインテリアの質が一条工務店と他のHMさんとでは大きく違います。


例えば住友林業さんの場合、私のお気に入りのイームズのラウンジチェアとか、時代が変わっても美しさを感じる椅子や机が置いてあります。床材も、シンプルな物から表情が豊かな物まで、本物の良さを感じることができ家具とピッタリと合う床材が選択されていてとても勉強になります。大きな違いは水周りでしょう。水周りの選択肢の多さとセンスの違いには大きな差があるのは事実だと思います。


私たちがHMを決めたのは冬、つまり暖かさに強く惹かれている状況だったので、野暮ったさはなんとかできるものと考えていました。実際に、美人設計士さんの協力と、床オプションとエコカラット、照明にこだわった結果、かなり良くなったと思います。


性能が高くカッコ良い家(なんども書きますが、i-Smartの標準はまだまだ垢抜けていない)そういったものを目指す人のために、i-Smartで、ここまでセンス良くできるよという、手持ちのオプション+インテリアを使った最高到達点を示してくれると、家を建てる人にとって勉強になりますし、私の周りにいる人の一条工務店を見る目も変わってくるのだと思います。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。