猫と快適i-smart生活

猫に餌を出す係の博士の日記

設計時に気をつけたいこと 新宿のOZONEには行った方が良い

私のようなセンスがない人間は、美しいものを新たに生み出すことはできません。一方で、美しいものを示されればなんとか、美しいものを知ることができます。


東京に行く用事がある人は、美しい家具やデザインを知るために、新宿のLiving Design Center OZONEに行くことをお勧めします。

美しい家具、北欧(北欧風ではないですよ)の家具も展示されており、良いものを見る目が養われます。本物を理解した上で自分で許せるラインを探ってレプリカや類似品を買うのはアリですが、知らずして粗悪な類似品を購入するのは、後で後悔する可能性が高くなるのでやめたほうが良いです。


良いものを置いてあるショールームが世の中に沢山ある中でOZONEをお勧めするわけは、6FにWoodtecさんのショールームがあるからです。ライブナチュラルリミテットやプレミアムの質感や見栄えを実体験できます。タリアセンの照明を置いていたりして、ちょっとカッコ良い空間で、癒されます。
#もっとも私は、新宿の雰囲気がどうしても好きになれないです。何度行っても慣れません。


標準の床材を選ぶ前に、ぜひ訪れてみましょう。その上で、予算的に我慢しなくてはならないのであれば後悔はないでしょう。そんな時もあります。逆に、見ないで、こんなものだろうと考え、標準の床材を選ぶのはやめたほうが良いと思います。今設計をしている人が、悔いのないオプション選びができることを祈っています。


着手承諾をしてしまった人には目の毒なので、3Fから5Fまで見て引き上げましょうね(笑)


本日の気になる本: 鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン!
ウチの猫殿に似ている!!!


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。